<< スター・トレック イントゥ・ダークネス | main | ホワイトハウスダウン >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    パシフィック・リム
    0
       やっと観てきました。

      余程のことがなければホームグランドのシネコンで観るのですが
      この映画は冷遇されていて3Dの字幕と2Dの吹き替えしか上映されていません。
      それも割と小さな部屋で・・・
      人気(観客数)から考えたらしょうがないのかも知れませんが
      もっと大きなスクリーンで観たかったです。
      怪獣映画ですが子ども向けではないので夏休みをさけての上映で良かったのでは。

      映画はとても面白かったです。
      鉄人28号、鉄腕アトム、ウルトラQ、を見て育った私には違和感なく
      受け入れられる設定(それもどうかと思いますが)です。

      二人でしか動かせないロボット:イェーガーを主人公は壊れているのになんとか
      一人で海岸まで持って行くとか、怪獣の体内は酸欠なのに生き残る人がいたりとか
      各国の指導者、特にアメリカ大統領が糞だとか、変な設定はあるけど面白いんです。

      ロボットはお台場に立つのほど洗練されていないけど金属っぽくて良い感じです。
      そして個体により強弱の差がひどいですけど監督のイメージで脚色されているわけですから
      中国最弱は内心笑いました。
      そのほかにもクスッと出来るところがちりばめられていいますよ。




      なかには2時間が苦痛な人もいるでしょうね。
      好き嫌いの別れそうな映画です。



      カテゴリ:映画 | 05:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 05:04 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://littlewonder.jugem.jp/trackback/676
        トラックバック